中国でANA SFCカード使用して中国国際航空のラウンジ使用してみた。

ANA SFCカードを2020年に手に入れてからコロナのため、一度も使ったことが有りませんでしたが、今回の四川行きの旅行で初めてその威力を発揮することができました。

これがANA SFCゴールドカードです。このカードが有れば、いろいろな特典が受けられます。

中国国内線に限って言えば、ANA 便は飛んでいませんが、深セン航空・中国国際航空の2社便搭乗に限り、2社が運営しているラウンジを無料で使用することができます。
 更に自分本人だけでなく同伴者もこの恩恵を受けることができる。

これは前回ブログのSFCカードの記事=> http://naokisu.com/?p=2208

 中国国内線のラウンジで使えるところは結構あります。中華料理だが、ご飯、お酒を飲むことができる。ラウンジは結構広々としており、静かである。あまり人はいないような傾向。
以前何度か成田空港のANA ラウンジを使ったことがあるが、利用客が多すぎて座るところもない状況でした。日本国内のラウンジはたしかにご飯は美味しいが、狭すぎる。
 小松空港などの地方空港などのラウンジは東京大阪などの大都市空港のラウンジよりも人はいないが、寂しい。

 もしコロナがなければ、このカードの恩恵をさらに受ける事ができたのに、、、残念です。
今後のコロナ収束に期待したいです。こればっかりは自分でコントロール不可。

このカードで今までためたマイルも今年60,000マイルほど失効します。
中国国内でマイルを有効活用する方法は深セン航空、中国国際航空のエアチケットに交換することです。他になにかいい使い道が有りましたら、教えて下さい。

今回の旅で20,000マイル使用して深セン↔成都の往復航空券と交換できた。
次はどこに行こうか思案中です。多分、遼寧省の瀋陽まで行き、満洲国最後の皇帝、溥儀が入ったという温泉に行こうかと考えています。

ラウンジになんとか入れました。外国人なので、チェックに時間がかかりました。
やっと念願のラウンジ利用ができます。満面の笑みを浮かべています。ご機嫌です。
ラウンジでは無料でご飯を食べることができる。
旅に行く前に疲れました。中国の空港内ではかなり歩かなければならない。老人などは大変だと思う。
旅は人生の肥やしになる。新たな発見もある。自分の見聞が広がる。いいことばかりあります。
一路平安