2013年の中国西北部一人旅④

2012年1月22日、大同の雲岡石窟を見に行きました。

雲崗石窟(うんこうせっくつ)は、中華人民共和国山西省大同市の西方20kmに所在する、東西1kmにわたる約51窟の石窟寺院。「雲石窟」としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている[1]。現地名は雲岡石窟(拼音: Yúngāng shíkū)と表記され、色々な専門書においてもその記述で統一されている上に、中国でのオフィシャルサイトの登録も全て「雲岡石窟」及び簡体字表記の「云冈石窟」で統一されている。 (ウィキペディアより)