核酸増幅検査(英: Nucleic acid Amplification Test、NAT)を中国で初めて受けてみた経験。My first experience in a nucleic acid amplification test in China.

 コロナウイルスが蔓延してからはや半年以上経過している。皆さんコロナウイルスに感染しているかどうか検査をしたことがありますか?

 私は2020年2月1日に日本から中国広東省に帰りそれ以後、日本に帰国していません。2020年2月頃私が住んでいる広州のアパートで感染者がでてからコロナウイルスが身近な存在であることを知りましたが、私自身自分がコロナウイルスに感染しているかどうかはわかりませんでした。アパート付近でのコロナ感染過去プログ=>http://naokisu.com/?p=1117

 私が核酸検査を初めて受けることになった経緯

8月30日、深セン→日本に帰国した日本人が日本入国後核酸検査(PCR)で陽性だった。その日本人の方は私が勤務する工場の近くで会議をしてから、日本に帰った。地元政府は地域の企業に通達を出し、外から来ている人間を検査するように要求。それをうけて外国人である私は核酸検査をすることになった。

 なぜ私が日本帰国した日本人が感染したことを知ることができたのか?それは中国人からのウイーチャット情報です。感染した日本人の 姓名、パスポート番号、年齢、勤務先会社名などの個人情報が詳細に書かれた情報がウイーチャットでシェアされている。ある中国人がこう言っている。「在中国没有什么隐私的」そのとおり中国での個人情報の取り扱いは日本とは大きく違うと思う。その中国では昔、お母さんは娘にきた手紙などをお母さんが開けてチェックしていたとも聞く。このあたりの情報はガラス張りなのだろうか?中国人と日本人では視点が違う。(どちらがいいということを言うつもりはありません。)

東莞市沙田鎭病院いは核酸検査の看板が大きくおいてあった。
大きな病院です。20年前に比べて大きくなりました。
会社からは私をお含め5人が東莞市外から来たということになって、5人で検査
核酸検査する場所は病院の外のプレハブ内です。(リスクを恐れて病院外で検査?)
プレハブ外壁に口の奥から唾液などを採取することが記載されている。

上記写真のように核酸検査(検体採取)は実質1分ほどで完了した。

検査をしたのが、9月3日午前10時頃、結果は9月5日午前中には出てきた。

検査結果が出るまで心配だったが、結果は陰性。 一安心しました。

●具体的な検査費用などはわかりません。

●検査結果のエビデンスはありません。

日本帰国した日本人が勤務先付近で会議をしてからすでに5日間経過している。それまでに接触した疑いの人達の行動記録などは調査したのだろうか?会議参加者が家庭に帰り、それから家族に感染しなかったのだろうか?家族の子供たちが学校に行き、感染はなかったのだろうか?疑いだしたら、キリがありません。どれぐらいの人達を疑ったら、問題無いと言えるのか?私は100%保証はできないと考えます。

 自分でできることは感染に対する抵抗力を上げるしかないと思う。そのために自分自身の健康管理が大切。睡眠、食べ物、水、ストレスなどに気をつけてしぶとく生きていくしかないと思う。

 ところであなたがコロナウイルス感染に対し一番いい方法は?       具体的に教えていただきたいです。

上は9月14日にPCR検査結果をもらいました。結果は陰性。ホッとしました。もし、陽性だったら周囲の人に迷惑をかけることになるからです。