香港、中国本土からの入境者を「強制隔離」開始。Hong Kong begins ‘enforcement quarantine’ of inhabitants from mainland China.

  香港では8日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、14日以内に中国本土を訪れたことのある入境者を2週間、自宅や宿泊施設などで強制隔離する措置が始まった。

 私は香港に用事があったため、7日の朝、広州賓館から香港行きのバスに乗り日帰り旅行(一日遊、中国では日帰り旅行のことをこのように書く場合がある。)してきました。

 広州↔香港間のバス路線は一時間おきに発射していますが、香港封鎖一日前ということもあり、便数が激減しており、朝8時20分発のバスしかなかった。前回、12月に子供と一緒に香港旅行にいった時の内容は次の5本の記事を参照ください。⇒  http://naokisu.com/?p=550   http://naokisu.com/?p=554   http://naokisu.com/?p=552    http://naokisu.com/?p=541   http://naokisu.com/?p=507  

バスに乗って香港に行く乗客で満席状態、なぜなら、本日2月7日が香港に行ける最終日。明日からバスで香港に行くことは不可。
バス乗車者は100%マスクしています。マスクしていない場合、バスには乗れません。
広州↔香港クーロン地区太子(プリンスエドワード)まで往復200元
深セン湾イミグレーション(中国、香港の境)でマウンテンバイクで通貨しようとしている人を初めて見た。自転車同伴でイミグレは越えられることがわかりました。
広州8時20分に乗車して12時頃に香港クローン太子駅付近に到着した。
太子駅付近の中国大陸行きのバス発着所。みんなマスクをしていた。
久しぶりにお寿司を食べたので満足でした。
尖沙咀(チムサーチョイ) のいつも観光客が多いところもこころなしか人が少ないように感じた、デモが理由、コロナウイルスが理由?重慶ビル付近は相変わらずごちゃごちゃしている。中を覗いてみたかったが帰りのバスの時間が迫っており、行けなかった。スタバのWIFIで携帯アプリをダウンロードして太子駅まで戻ることにした。大陸ではGoogle PlayでAPPがダウンロードできないため、HKに来た時ついでにダウンロードすることにしている。
香港地下鉄乗車中に私は大きなくしゃみをした時、多くの人が私を振り向いて見た。今はそれだけ、敏感な時期であることがわかる。
香港→広州に戻る途中、また広州市手前の高速で全員降ろされ検温です。防護服を着ているのを見るとこちらも怖くなります。いつもなら、3時間程度で広州迄戻れますが、今回は4時間もかかりました。広州の自宅についたのは夜9時でした。万歩計は13,000歩、疲れました。

 香港イミグレを通過時に香港側の係員に質問しました。

私:いつからイミグレ再開しますか?

係官:今はいつ再開されるかわからない。今言えることは2週間は確実に閉鎖される。2週間後また香港政府が発表する。

 私の見解:香港封鎖については香港医師労働組合がストを実行し、政府がそれを受けて封鎖を決めたようですが、中国大陸にいる中国人からすると同じ中国人なのに、なぜ香港だけ封鎖するのか、理解できない。ということらしい。同じ中国人であることは理解できるが、生まれも育ちも文化・風習・教育などの背景が違うので、考え方も違うのだろうと思います。外国j人である自分がこのことについてとやかく言う資格は全くありませんが、早く香港封鎖を解除してほしい。あと、香港の飲料水、野菜、果物などはほとんど中国大陸側から供給されていると思います。香港が封鎖をして、中国人の流入を防ぐのであれば、生活必需品も封鎖されてもおかしくないと思います。