中国農貿市場の横断幕。Chinese agricultural trade banner

  新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、1月23日に封鎖された中国湖北省武漢市。住民は移動を制限され、多くが自宅で事態の沈静化を待っている。 ↓は湖北省の完成確定者数24,953人、死亡者数699人

湖北省の位置:中央の青白くなっている地域。

 東莞市の工業区近くの農貿市場には下記の横断幕がすでにあります。(農貿市場はすでに開いている。)

日本語訳: 。感染を避けるため、湖北省から来たお客さんは報告する必要有り
日本語訳:ウイルス感染、ウイルス感染者との接触、ウイルス発生地から来た事実を隠すことは法律責任を負う。

 上記の2枚の横断幕は個人が感染の疑いを隠さずに報告することを要求している。コロナウイルス感染疑いのある者を早期に知るための対策だと思う。

 春節休み期間中に武漢市と其の周りに住む湖北省の人達との交流、湖北省と其の周囲の湖南省、河南省、陝西省、江西省、安徽省、重慶市と接していいるので、親戚同士の往来はある。其のときに湖北省の人々が近隣の省のどれくらいの人々と接触したのか? それはだれも正確な統計はとれないと思います。

 湖北省の人口は約5,900万人、其の中の省会の人口は約1,400万人。日本の人口が約12,000万人とすると其の半分の人口の動態を細かく計測するのは非常に難しいと思う。来週2月10日(月曜)より正式に工場が稼働する予定だが、湖北省から来た従業員がこのような状況で本当に東莞市に戻ってくるのか?

 私が住んでいる広州のアパートの別の棟でも↓下記写真のように感染者が発生した。救急車が来た時点でアパートの住民が携帯で写真を撮影、WECHATの住民グループチャットにUPして、私も知るところとなった。 詳細は http://naokisu.com/?p=1117  を参照ください。

 私は赤色の横断幕に書いてあるとおりに、近所で感染者が発生した事実を会社人事部に報告した。WECHATで報告したが、なんの反応もないため、二日後に総経理に報告。報告後翌日に、月曜日の出社はしなくてよいという通知が会社人事部から連絡が来た。

 私自身はコロナウイルスに感染はしていないと思うが、アパートの住民が感染したことは事実である。広州市の新聞記事にも感染者がアパートで発生したことが記載されており、誰でも知ることができる状態である。しかし、勤務先はそこまで知らないため、自己申告した。100%自分が感染していないと言い切れないと思う。また、私が工場に勤務開始して、私から感染した場合、私も責任を負うことになる。泥臭く言えば自分自身の保身のために報告したのである。